PE6 分解してみた。サイレントにできるか?

【インスタグラムフォロワーや日本のリールが慣れている方からのご質問】

その音って標準ですか?

※私も数年前に同じ質問をJMの店員さんに聞いたことを今でも覚えています。

今となっては、その音になれてしまったいるので、逆に無音のジガーを使うと

ちょっとものたりなかったり、音でピッチのリズムや、フォールの感覚を掴んでいるところもあるので今はむしろ利用しているので、ないと寂しいぐらいです。

まあ分解して見てみましょう。

工具としてはだいたいこれぐらいあればできます。

  • 付属のドライバー A
  • 一般ドライバー B
  • ナットレンチ厚め:C
  • ナットレンチ薄め:D

63B91639-E09E-4473-B7EF-5DC3AC44A70F

準備したのあとこの部品構成表です。

img_3336

早速側面の部品NO70のネジを4つとります。

ここは付属の付属ドライバーAで取り外します。

すると簡単フレーム(440)が取り外せます。

8BA15F86-90E0-44E6-90B0-9DA6AC9FC225

次に外すのが、ドラグノブカバーです。ここはナットレンチ厚め:Cで回すだけです。

DDAB51E9-C1D4-4A40-95F4-94805BC07ED9

そうするの中にスクールシャフトスクリュー/69番をナットレンチ薄め:Dで回します。

2E9C0EA9-6DB8-4F19-A92B-936C4C6C881A

  • ドラグテンションノブ (内部にベアリグあり)/204番&22番
  • ドラグコントロールレバー/190番
  • トラグコントロールレベルワッシャー76番

が簡単に取れます。

904572FA-4B4D-4611-B6C7-1A05236A019A

この白いのが76番です。

ここまでくるとハンドル側とスプールが分解されます。

4B1842CF-C5F1-413B-988F-3D9AD9E4A235

安心してください。この状態で部品が

とれはじめるなんてこともありません。

FF6DDC66-A472-41CD-8098-E1923BF3B9BD

ドッグ可動部動画

  • アンチリバースドッグ152
  • スプリング73
  • アンチリバースラチェット64

組み合わさって逆回転防止の役割をしています

E98872B3-F58D-469D-9D0C-B2BCED8BD06E

このラチェットとドッグが毎回カチカチなっているのが

ジジジジッジジジジジジジジジジの正体です。

目的は大きな魚がかかった時のハンドルの逆回転防止が目的になります。

ジギングマスターってもともと100kg越えを狙う人たちも使うリールになるので

そういった機構が標準になっているようです。

ハンドル根元にあるワンウェイベアリングがある負荷を越える

逆回転する可能性があるためメーカーとしてはつけた状態で利用を推奨しているようです。

というか外す前提では作ってはいません。

それでも「自身はそこまで大きさはそこまで狙わないから、サイレントにしたい」

という人もいると思うので

F708EB4D-FC17-4964-9B0D-58150583359C

だめだと言われるやってみたくなる。

とということで外してみました。

5874F694-1FF2-4734-A918-33D752ACDBFE

 

ここの取り外した

セットプレート18は

ネジと一緒に戻しました。

そうすると

「見事サイレント:無音状態に」

サイレント改造

実際にライン巻いて

負荷をかけたわけではないので

通常のドラグの範囲内で

あれば問題なく使えそうな気はします。

果たしてどこまでサイレントにこだわるか?

いろいろご検討

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です