餌とジギングどっちが釣れるの?第1戦【アカムツ】

本当に久しぶりに週末に凪が訪れました。

最高の凪ですね。

青空と波も穏やかで

まさに釣り日和

9月に沖縄遠征が中止になって以降

4回以上中止

になったのではないでしょうか

釣り仲間との4人

「アカムツ」釣行

餌竿3本 ジグ1本

どっちが釣れるのか?

勝負をしました。

 

リールは:ダイワ:シーボーグ:300+こちらも1.5号でやっています。

餌:ホタルイカでの電動巻き:2本ばり

仕掛けはこちら

うちのスタッフは

「手巻きのジギングマスター:レッドゴールド」

最初はあまりジグで

しゃくっても潮が感じられないようで

あまり生命感やあたりも

感じられません。

餌の仕掛けの仲間のハリスも

ぐるぐるを絡まっている

よくある潮があまり聞いていない状態ですね。

下潮が効いてくると

底でも絡まりにくいのですが、

あげてくるたびに、

道糸にくるくるしている様子。

全員あまりあたりを感じられないまま、

あげてみると

何か餌の竿は魚に取られているよう。

何かはいるみたい。

餌のKSYさんは一匹早速一投目で

小ぶりの「ドンコをあげていました」

2〜3回流し目ぐらいに、

餌に何か反応が出てきます。

重くわないけど、100mきっての

この叩き方は間違いないだろう

ということで

【じゃん】

一時期のよかったころに

比べるとだいぶ小型です。

ジギングとしては餌の楽しそうなあたりが気になってしかたありません。

「あれ、ジグにはまったく反応を示さない」

釣り仲間が、みんながポツポツあげはじめます。

また一匹

一人あげるとまた一匹

一流しで4匹などいい感じが結構続きました。

【結果発表】

餌:14匹

ジグ:0匹(本当技術不足です)

果たしてこの事実をジギング製品をうっているお店として公表して

いいものかと悩みましたが、

これはこれは事実として記載させていただきます。

何がいけなかったのかそれが、

また「ジギングの技術に成長につながる」

そして釣れたことに関しては

ありがたくいただきましょう。

ということでやってみたかった。

アカムツ/のどぐろ

めんつゆの漬け炙りを

初めてやってみました。

うん おいしい

今回のアカムツの炙りで発見

【切れ込みを多めに

入れて炙ると反らない】

※綺麗に炙られるです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です