赤と黒 しゃぶしゃぶ食べ比べ

黒ムツと赤ムツどっちが好きですか?

View Results

Loading ... Loading ...

  • 黒ムツ/ムツ

ムツ科

アカムツとの色以外での違い

下あごに歯がある。

成魚は全長60cmほどだが、1mを超えるものもいる。体は紡錘形の体型で、目と口が大きく発達する。吻は前方に尖り、下顎が上顎より前に出て、顎には鋭い犬歯状の歯が並ぶ。幼魚の体色は赤褐色-黄褐色だが、成魚は全体的に紫黒色となり、腹側が銀灰色を帯びる。また、幼魚の口の中は白いが、成魚の口の中は黒い。※Wikipedia 参照

よく10kgを超えるのをジャンボクロムツ

赤ムツ/のどぐろホタルジャコ科

全長約40cm。体型は楕円形で、側偏する。背側の体色は赤紅色で、腹側は銀白色。櫛鱗をもつ。口の奥が黒いので、「ノドグロ」の名がある[3]。他にもメキン、ギョウスン、キンギョウオなどの呼称がある[4]。甲殻類、イカなどを捕食し、6月から10月にかけて産卵する

※Wikipedia 参照

  • アカムツって30cmを超えてくると基本メスしかいない
  • ある大きさになると性転換をする。4年:20cmちょっと

オスは5年 メスは10年ってデータがありますが

性転換する場合はってどういう計算になるのでしょうか

水産系のデータ詳しいかた入れば教えてください。

とにもかくにも

両方とも美味しいのは変わりありませんが

やったことがないので食べ比べ

さあどちらが美味しいか!?

 

2匹で2皿分の結構なボリュームです

(ちょっと深海鯖も入っていますが)

赤黒のアラで出汁を取り

魚のおいしい:アブラが浮き出てきます。

今回初めての柚子胡椒とワサビも入手

先日たまたまチューブの柚子胡椒しかなく

どうしても科学調味料の香りがして

満足できなかったのですぐ入手しました。

2〜3人前といったところでしょうか

今回は黒も赤も900gぐらいでしたが

お鍋で食べるには十二分の量でした。

そとではお金出して食べたら恐ろしい。

やっぱり釣り人の特権ですね。

さあ、本題の件です。

ここからはあくまでの主観の領域です。

  • 見た目

アカムツ>クロムツ  赤の方と白のコントラストが食欲そそる

  • 油の量

アカムツ<クロムツ  今回のサイズだと量はアカムツ、適度は黒ムツかな

  • 茹でた後の食べごたえ

アカムツ<クロムツ 鍋で食べた時の満足感はクロムツの方がよかったような(切り方かな)

アカムツ>クロムツ 鮮度と処理の問題かアカムツの方がクリーミー

  • 皮目の炙った香り

アカムツ>クロムツ 炙った際のおいしそうな香りのレベル甲乙つけ難し。

  • 野菜との相性

アカムツ=クロムツ もはや同じ出汁に包まれているので甲乙つけ難し。

  • 目んたまのゼラチン質

アカムツ=クロムツ もはや同じ出汁に包まれているので甲乙つけ難し。

  • トータルでの美味しさ

アカムツ=クロムツ もはや同じ出汁に包まれているので甲乙つけ難し。

 

薄々私も気づいてはいました。

 

 

 

赤と黒を食べたら

  • 結論:両方美味しい

【深海がおいしい】

と結ばせていただきます。

【肝を美味しくだべる豆知識】

日本酒につけると

一時間後

  • 血合い
  • 肝のくすみ
  • 臭い

が綺麗になります。

このやり方が正しいのか私も伝えていい物なのか

お酒が弱い方を除きよければご賞味ください。

肝などをそのまま茹でて食べる際に一度この処理をすると

非常に綺麗な状態で召し上げれます。

※一番良いのは

つった後の血抜き処理を正しく行う。

です。

今度はいつ食べれるか?🐟

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です