「海水につよい」刃物

「プライヤーとは?」

  • スプリットリングを開く
  • フックを掴んで怪我防止
  • ジグにフックを取り付ける
  • ラインをカットする

船上でのマストアイテムの一つプライヤー

それゆえ、「海水との接触」は必至ですね。

今回は「海水に強い:釣りよく使う道具たち」について

簡単にまとめてみました。

「私の道具に求めるポイント」

  • 見た目

  • 錆びない

  • 仕様に合う

「プライヤーいろいろ使って課題・ダメだった点👎」
  • 錆びて使用不可/臭い

釣具屋さんのガレッジセール的なとこのやつは

一回サーフに行ったら、おそらく潮風だけでも錆びているのでは?

ってもうぐらい、全体がサーっとすぐに錆びてきて、動かなくなり、

そして、錆び臭くなります。タックルボックや服にもつくので本当に厄介です。

  • 刃が錆びる

本体は大丈夫でも、刃物が弱い場合があります。

だんだん、ぐらついてきて、PEが切断しにくくなったり

  • 刃がずれて切れなくなる

だんだん、ぐらついてきて、PEが切断しにくくなったり

  • 先端が広がる

リングにあった仕様のものでないと、プライヤーの先端が

曲がってしまい、最終的にはリングをそもそも挟めなくなります。

私も昔、それで壊したことがあります

  • リングが広がってしまう

頑丈なやつだったらすべてOKか?というとそういう訳ではなく、

リングが小さかったりすると、プライヤーで開いたときに

開くすぎで、リングが戻らなくなる場合があります。

刃が錆びて使えないの典型

付属のリングもすぐ錆びる

こういう製品がほんと多すぎる。

製品こだわっていても、付属をケチって

安い部品なのか、残念な感じですね。

「メーカーがんばってポイント」

  • 錆びない本体 ※必須
  • 錆びない付属部品
  • 刃物が錆びない
  • 刃物がズレない
  • 曲がらない

これは本当に優秀

刃こぼれも、刃物の錆びも全く起きない。

なんか最近入手困難だったり

似たもので9000円ぐらいで売っている業者も出ていますね。

これだけ、刃物でも錆びなし、材質や処理があるのでプライヤーの

刃物ももう少し変化できる思うのですが、残念ながらここは数年進化がみられません。

「プライヤーの先端が曲がる」

GMプライヤーはまったく問題ありません。

ちょっと安いやつや、仕様があっていないと

マグロなど200lbみたいなリングを開閉していると

安いやつはすぐに、先端が曲がってしまいます。

マグロやるならこれ一本持っていると非常に便利

<リングと刃物は錆び弱いけど>

「深海で一番重宝しているのは」シマノ

これも全然錆びません。軽い 

シマノ ライトプライヤーRH CT-072J ブラック 

さきほどのGMのデメリットは小さめのリング開けると

リングがバカになります。開きっぱなしになる。

まあ結局リングにあわせてプライヤーを使わないとだめということです。

(あたりまえですね。)

「錆びないで優秀なのが:錆びナイフ」

上記二つともすごいのが、海水に没水しても

もちろん帰港後水洗いはしますが、

「本当錆びない」です。

※nameなど溝はうっすら錆びますが、加工処理しているところだけ

刃物部分含め他は全然問題ありません。

「金属はさびるもの」という感覚を忘れさせてくれるぐらい

まず「物持ちがいい商品」が理想ですよね。

海外製品で、安かろう、悪かろうはいっぱいありますが、

「長く使える」目線で経験と実績で

「海水につよい」釣り道具まとめてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です