アコウダイジギング貴重な一匹 

5/27 先週ですが、春の最後のアコウダイジギングへ行ってきました。

  • シングルフックのトライ
  • 20号+4号のフックの感触
  • アコウダイジギングアクショントライ

上記件個人的好奇心でいろいろトライしてきました。

「結果は大成功?」(のちほど)

潮はいい感じに流れてくれる。1ノット弱

でも餌もジグもあんまり反応がよくありません。

2投目餌の竿にいい重みがのっかります。

餌に旨味成分を染み込ませているみたいで

集魚効果がすごいです。

ドンコ、アコウ、ユメカサゴを

多点掛けでどんどん上げていきます。

私の方は全くかすりもしません。

5時に出船の12時ぐらいまでまともな

魚があがってきません。w

まあ基本深海釣りなんてそんなものです。

12時の時点でオキギス2匹

気づいたらもう13時をすぎ

やっとのことでユメカサゴが一匹

「頭付きの赤い魚をお食い初め用」で

ちょうどほしかったので

よかったです。

そういうことであっという間に

船長:「次がラスト流しです。380mぐらい」

底取りをして、

トン、シュッツ、

トン、シュッツ

トン、シュッと、

底を感じながら、ロングフォールで激しめに

ディープライナーを550g

ちょっと激しめに

アクションさせていました。

「アクションしても全然ミスフックなし」

今回の収穫がやはり今回のフック

アシスト130mmぐらいでもともと作りましたが

20号のアシストラインとスイベル +チューブのバランスで

ミスフック一度もなく

しかも、結構大きめの上げと

ロングフォールで飛ばしても問題ありません。

ジグとフックのバランスの重要性を改めて感じました。

アクション始めて

5アクション目ぐらいでしょうか?

トン、シュッ シュッと

飛ばした次の瞬間

6ozの竿がぐっと海面に刺さります。

来た瞬間に「これは来た〜」って叫びました(心のなかで)

いや実際に興奮して叫んでました。

今日やっと楽しめる手巻き深海を400m弱を楽しみ

巻き巻き

巻き巻き

巻き巻き

※省略

巻き巻き

残り30mぐらいでしょうか、

  • 軽くなって
  • 気泡が出て

「バラが遠州灘に咲きます」

Rosefishことアコウダイです。」

タックルデータ

Rod:PSLJ 6oz 

Reel:JM MONSTERGAMA HIGHSPEED  PE5N (LH)GDGD

JIG: DEEPLINER 550g

LINE:SUPERFIRELINE 1.5

ASISTHOOK: FRONFT: JM MJ-  2008 11/0   RIRE CULTIVA 4/0

「1.28kg:サイズは小さいが釣った感」

船中ではアコウダイ本日3匹

大きさ的には一番大きくまた最後流しってのが「たまらんばい」

帰港後自宅で測ったらこれぐらいでした。

  • フロントフックにがっつり

フロントだけ、太軸のシングルにしてみました。

ミスフックのトラブルも全くなく、仮にフックを食べていると

仮定をするとアピール力も高いみたいで、がっつりフッキング

しかも、シングルで顎下ど真ん中へ刺さる

この極太フックでがっつり刺さっていたので

やはりこのクラスの体高の魚はこれぐらいの

フックでも全然問題ないですね。

カルティバ比較 全然大きさは違いますが

刺さっている状態でわかったのが

「刺されば全然抜けない」細いと刺さりやすいけど

太いと抜けにくい(バラしにくい)

そういうメリットもあるのだなと思いました

「訂正:アコウダイ鍋でも熟成がやっぱりおいしい」

以前からアコウダイは寝かす必要がありますと発言のち

鍋ならすぐでもOKと記載していましたが

  • 鍋も熟成が必要
  • 熟成するなら頭付きで
  • 7日間丸っと(ペーパー交換はドリップが出ているうちは継続)

上記で今回食べましたが全員一致で

前回の3.5kgのアコウダイよりも今回が美味しいという結論に

「アコウダイを湯せん」

そういえば「アコウダイのシミ」は⚪⚪でした。

知りませんでしたが、こちらの黒い何か敵戦って

ついた勲章のような黒いシミはなんと寄生虫だったみたいです。

(人には無害なので食べても問題なし)

てか普通に炙るぐらいで食べていましたがw

「これからの遠州灘の状況について」

6/3時点にて夏の潮、黒潮がだいぶ入ってきています。

正直300mで300gでは

なかなかジグが落ちていいかない状況なので

ちょっと時期的に

きびしくなってしまったかも。

まだまだアコウダイ自体は

絶好調の時期ですので

  • ラインを1.5号以下にする
  • ジグを水深+150g以上にする

などしないと底を取るのも

厳しい状況でした。

ぜひこれから行きたい方参考までに

「今回の貴重な一匹に本当に感謝です」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です