人気のない掘には「深海⚪️⚪️」

「ジギング魂とREALS釣行会」

お誘いいただき参加してきました

近海の漁礁を回りつつ

中深海を回るパターンです

使用するジグはREALS

  • SPEC-ZERO

  • PJ-RIDE

使い放題って聞いたので

これは行くしかない😁

ひさびさに遠州灘の近海も行きたかったので

最初に向かったポイントは天竜川を超えた

120-150mライン

  • ウッカリカサゴ
  • アマダイ

を狙います。

遠州灘では結構よく狙われるターゲットです

砂地や崖をベイトの反応を見ながら狙います

「アクション方法は?」

あまりそこからは離さないように

そこを感じながら竿の上げ下げで

ウッカリカサゴはバイトして来ます。

青物みたいに早くしゃくる必要はありません

アマダイは餌だと小さいですが

ジグで狙うと50cmクラスも釣れるので

遠州灘でも人気ですね

(※釣果は過去のもの)

砂埃をあげてジグをアクションさせていると

陣地に入ってきて怒ったアマダイが

バイトして来ます

「ウッカリカサゴも反応がない」

 

困りました。いい感じに

ポイントにトレースされますが

4人ノーバイト💦

「ひとまず中深海行きますか?」ということで

250mへ向かいます。

 

「潮が速い もう夏の色」

遠州灘には青い潮がもう入ってきてます

  • カツオ
  • キハダ

ボッコボコみたいです

一回だけ顔を見ました。

それにしてもそこが取りづらい😅

上潮と風が逆で、すぐにラインが斜めになり

そこが取りにくくなります。

しかもそれが安定しない。

「魚の目の前にジグを持っていける気がしない」

夏が来た感を感じますね。

僚船の無線でさっきダメだったウッカリが釣れ始めている

情報をもらったのでまた120mラインへ戻ります。

120mですが、300gの重さでそのまま流します。

ちょうど、いい感じに潮も流れ始め

「魚探にもベイト反応!」の直後

ぐっと重くなります。

船中ほぼほぼ同時ヒットで

「本日の初ヒット」

ウッカリカサゴです。

みんなもパタパタとヒットし始めます。

こちらもSPEC-ZERO(ひょうたんジグ)

それなりに釣れるので「もう一回中深海戻りましょう」ってことで

戻りますが、そこが取れない状況が変わらず。

どうしましょうかと悩んだ結果

どうせ厳しいので「あそこの堀にに行きましょう」

遠州灘でメジャーな堀は

  • サメが多い掘
  • 舞坂の沖の掘
  • 天竜沖の堀

プレジャーが多いところは上記パターンが多いです。

なのであえて今回はそこを外しますw

でもやっぱりヒトが入っっていない堀には

思いがけない魚も溜まっているみたいで

同船の二人がダブルヒット

しかもすっごい重そう。

240mラインで、しかも潮が早いので

二人とも慎重&緊張感の中あげてきます。

本日:参加の「ジギング魂の会長」も

「中深海ってこれが楽しいんだね」って

「そうなんです」と即答したわたし

途中から5m先に魚が「ボコ」って浮きます。

あまりの鮮やかさと大きさに

「え?アコウダイ」って勘違いしましたが

結果二人とも2k越えのウッカリカサゴ

 

  • SPEC-ZERO 300g
  • PJ-RIDE 300g

両方ともよく釣ってくれます。

今回も海面ですっとあげて

すっと横になる姿を見るとよくできた

形だなと思います。とくにSPEC-ZEROのポテンシャル

まだまだ底しれません。

私もこれは負けてられないと

大きめに「シュパッ」アクションを大きめにして、

ジグを飛ばしながらあげてくるとジグを

持ち上げるようなグワン、グワンってバイト

「乗りました〜」って

いつもと何か様子が違う

  • 黒ムツのようなあたりのようにみえて
  • 竿先をなんども叩く
  • 終始強めのあたり

残り20mぐらいで少し上を向いて泳いできたので

少し軽くなって一瞬焦りましたが、まだ魚信がある。

仮にアカムツだったらこれは2kgぐらいありそうなだ

  • サメか
  • 巨大アカムツか
  • アラか

「あ、赤い」

って言ったら最近はだいたい

  • アカムツ
  • アコウダイ
  • キンメ

だったんですが、なんと遠州灘でジグで釣れるのは珍しい

 

「ドン」

マダイ/真鯛」でした。約55cmぐらい

ジグはSPEC-ZERO 300g  アルミオレンジゼブラ

「タックルデータ」

  • リール:ジギングマスター PE5N  LH  RD/GD
  • ロッド:ポセイドンスロージャーカー:6oz
  • ライン:バークレイ:スーパーファイヤーライン1.5号

人気のない堀(と思われる)にはまだまだ

知らない間に魚が入ってきていたり

新しい発見あるものですね。そういった意味でも

  • 新しいポイント
  • 新しい漁礁
  • 新しい掘

上記条件をこちらからあえて、厳しめにしてやることで

また楽しみ方があると発見ができました。

釣りって好奇心や探究心などいろんな楽しみ方がありますよね。

以上 「ジギング魂とREALS釣行会」レポートでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です