アコウダイ「釣りやすい時期」

初夏:遠州灘:アコウダイジギング

0.5ノットのちょうどいい潮」

快晴とまでは行きませんが

空も、海も完全に夏モードです。

浜名バイパスを越えると

早速イワシに鳥山が群がっています。

浅場での釣りに後ろ髪引かれながら

朝一から600m付近を目指します

最近:お気に入りのシングル&ダブルフック

650gを早速投入します。

0.5ノットほどなので素直に落ちていきます。

これが1ノット超えてくると釣りにならないので

今日はちょうど釣りやすい🎣

「何か釣れそうな予感」

水深は550mからスタート

450mぐらいで回収するようなかけあがり。

「一投目最初にあがってきたのは?」

一投目から早速竿に何かが当たります。

  • 「重い」
  • でも魚振動がない。
  • ひかない

まあ「とりあえず巻き上げてみるか」

ということで

巻き上げます。

あれ?残り10mぐらいでしょうか

「すっと」と軽くなります。

あれ?絶対に何か付いていたはずなのに

「おかしい?・・・」

一度:回収して同じラインへ投入します。

するとまた480mぐらいでしょうか?

同じようにあたります。

今回も何か乗ったな〜ということで

正体がわかりました。本日の最初の

深海⚪⚪は!

「カギイカ」

ダイオウイカの種類と近く

これをスルメイカだと思って食べると

水分が多いためにべたっとして柔らかい。

口に含むと塩辛く、えぐみと酸味がある。

→残念ながら美味しくない深海です。

すぐに海へ帰ってもらいました。

墨吐き出しましたのでみなさんご注意を!

私が、カギイカで時間を無駄にしている間に

餌の竿(同船者)が

何かいい感じに叩いています。

一流したっぷりさっそって回収し始めますが

「グィーン」っといい感じに竿に

重さが乗っています。

深海始めて数回目やっとのことで

初アコウダイ」も初ゲット!

おめでとう㊗️ございます

船長:「もう一回同じライン流しましょう!」

ということで

改めて550mぐらいから流し始めます

アクションとしては

  • アゲのアクションでジグを飛ばして
  • ラインスラッグを出して
  • 竿先をあげながらテンションフォール

底付近を重点的にせめていると

「竿先が、クンっ

「あ、当たった」

軽くテンションかけると穂先に

  • 重さ
  • 魚振

がきます。

「来ましたね〜」ってことで

ここか手巻き開始です。

450mぐらいからの長旅です。

  • あたり
  • 重さ

的にはあまり大きくはなさそうなので

あまり確信が持てずに

50m

40m

30m

20m   ラインもそんなに斜めにならないし

10m気泡も出てこないな〜

「ポコ」

ちゃんと「赤い」魚でした。

800gの小さいアコウダイ

小ぶりですがジグで釣れた嬉しい1尾

結果その日は最大

2.8kg(餌竿)が最大でした。

  • 餌:6匹
  • ジグ:1匹

これが3〜4投ほどで

上がってきてしまったので

本日の深海はそうそうに切り上げました。

(3人での釣果)

※おそらくやってたら

もっと上がっていたとかも

クーラーに入らなくなるのと

食べる分だけにしました。

<実釣120分の超短時間勝負>

満足満足

遠州灘以外の方も

もしアコウダイを釣りたいなら

今が一番釣れやすいのでは?

「メヌケナイ」たまに釣れる

めぬけていない」アコウダイ

これからまた5日熟成」に入ってもらいます。

遠州灘:もう少し、アコウダイ楽しめそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です