アコウダイ:夏の旬な食べ方

贅沢な話ですが、

アコウダイは2匹も釣れれば十分です。

(※メヌケ 深海の方のアコウダイです)

3kgくらすなら1匹でも十分満足できます。

胃袋も肝も食べれて皮目のコラーゲンなどは

捨てるなんてもってのほか

  • エラ

以外はほとんと食べれます。

ですが、ちょっと釣れ過ぎると

一般的な料理のレパートリーが世に出ていないので

どうやって食べるか困るところ・・・

今回は今までにない仕様でトライしてみました。

  • お鍋:しゃぶしゃぶ
  • お鍋:味噌鍋
  • お刺身
  • 炙り
  • 創味のたれ漬け
  • 鯛茶漬け

は過去のトライ料理

今までやったことのない料理

「塩で」5/10点

うーん

アコウダイって美味しさって

あのコラーゲンの旨味を感じたとこなので

皮目をとって刺身で食べると美味しいのですが

「主張がちょっと弱い」

癖もなく、非常に食べやすい、白身で脂身もあるのですが

刺身だけだとあまりそこが引き立ちません。

「アコウダイカルパッチョ」

塩だけで食べるとちょっとなので物足りない。

アカムツの旨味にはやはり勝てません。

  • 癖のない白身
  • ほどよい歯ごたえ
  • 酸味と相性が良さそう

ということで

「レモン/オリーブ 塩のさっぱりカルパッチョ」 9/10点

夏っぽいですね

「材料」

  • 紫たまねぎ →スライス、水で苦味取り
  • トマト  →小さめにミニトマトなら1/4ぐらい
  • しそ  →細切り
  • 細ねぎ →刻みねぎ

玉ねぎとしそは軽くあえて、冷蔵庫で冷やしたお皿とお刺身を乗せ

玉ねぎとしそを乗せて、その上に、トマト、細ねぎの順に盛りつけます。

「ソース」

  • オリーブ:大さじ2
  • レモン:1個
  • ガーリックソルト
  • 生ニンニクすりおろし
  • 塩少々
  • ブラックペッパー

→上記スライスして白濁するぐらい軽くかき混ぜます。

盛りつけた上記にちょっとだけ

ニンニクすりおろしたものかけて

(ニンニクは最後お好みで)

最後にソースをかけます。

夏にさっぱりの感じで

「塩アコウダイ」の10倍ぐらい美味しくいただけました。

「アコウダイの酒蒸し」10/10点

※メヌケ 深海の方のアコウダイです。

いつもやっているよ!という方から言わせれば

当たり前だと思いますが、

「アコウダイ」は火を通した方がうまい。

わかってはいたが、やっていなかった「酒蒸しに挑戦」しました。

 

 

フライパンに中敷を入れて

「材料」

  • カブト(半身)
  • カマ(半身)
  • 腹身
  • 骨背びれ(ちょっとだけ)
  • 皮目(刺身でとった分)

「たれと他の材料」

  • 昆布
  • 紹興酒150cc
  • 醤油 大2杯
  • みりん 大2杯
  • はちみつ 大1杯
  • しらねぎ たくさん
  • ごま油 大2−3杯

手順概略

  1. たれの作成 ※緑の材料を軽く煮て大皿に確保
  2. 酒蒸し 中敷に昆布ねぎを乗せて魚を乗せます。

※蒸しあがった状態 これだけでももう美味しそう

さっきの作ったたれに魚を移して

ねぎをたんまり乗せて

「最後にごま油がけ」

アコウダイを食べて

「明日の夜ご飯もこれでいい」と思うぐらい酒蒸しは美味しいです

  • 皮目 
  • ほほ肉
  • 背びれ
  • 目

上記でアコウダイの美味しさをすべて堪能できて

ごはんが非常に進みます。

これでまだ半身残っている。

まだまだ楽しめそうです。

※早く梅雨あけてほしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です