秋のアコウダイ の機嫌は?

公園のイチョウから銀杏が落ちて

空も夏空から、秋空っぽくなってきました。

「3連休」中日、久々の週末の凪にあたりましたね。カツオも賑わって遊漁も多かったみたいです。

そっちも行きたかったのですが

今日も狙いは「深海魚」

秋のアコウダイ  の機嫌を

見に行ってきました

ただ前日、ちょっとだけ朝方「風」が

残る可能性があっため

今回は出発8時に遅らせての出航です。

桟橋に朝日が上がった時間帯にいるのが

「すごい懐かしい」感覚です。

90分の船出、凪もいいので

ずっと船上で横になり寝ていましたが、

揺れることもなく、気づいたら

漁場に到着です。

ポイントはずーっと

フラット450m-500m台地の上

「餌4人とジグ私一人」

混合乗り合い便です。

みなさん、6000番以上の自動巻に

ラメの入った本気ロッド

まさに「深海」狙いのみなさんで

  1. ロッド
  2. 竿
  3. 仕掛け

興味があったので

写真撮りたかったですが、

そこは人見知りなので、やめておきました。

(いつか私もそちらの世界にも足を入れたいと思います)

さて、ポイントとしては

  • キンメ
  • アコウダイ

多数、 実績あり

09:40分から釣行開始

すでに、先に入られた方が、「キンメ

7匹ほどあげられたみたいですが、

アコウダイは上がっていないみたいです。

1投目は600gのスピンドル

底は取れるけど

ちょっと取りずらい。5しゃくり目ぐらいで

痛恨の根掛かり」ちょっと粘って

引っ張るけど

ロスト、5000円が消えて行きました。

遠州灘の根をなめていました。

ちゃんと底取りしないと

すぐ5000円飛んでいきます。

リーダー結び直して、2投入目は750g

餌も全然アタリがありません。

天気はいいので、最高の「深海日和」なのですが

もう少し🐟の影がほしいところです。

すると・・・

餌の知り合いの方が何か当たっています。

キンメかな」ってことで多点がけを狙って

ちょっと様子をみながらラインを送っていかれてます。

ただ、なかなか5本竿を出している割には、そんなに「アタリ」がなく

「朝方のキンメのマヅメはもうおわったかな〜」っと思っていましたが、

ラインが、ちょっと斜めに入って底から5mぐらいでフォールでおとし終わったぐらいに

私のジグにも「ククンっ」ってアタリがきました。

軽く竿をあげながら、ロッド6ozの重みをかけながら

巻き上げていくと、穂先が海面へぐっと刺さる感じになるので、

そんな重くないけ手巻きスタートです。

(最近450mも気がラクになってきた)

  • 400-
  • 300-
  • 200-
  • 100m

特に抵抗もなくすんなり上がってきました。

フックがダブルだったので、そのまま引っ張って

はい、キタ、「キンメダイ」

とりあえず、小さいですが、お土産確保

  1. スピンドル:750g
  2. PSLJ:6oz
  3. JM:PE5N RD (LH)
  4. スーパーファイヤー:1.5号
  5. リーダー:20lb

ロストはしましたが

早々にお土産があるとだいぶ

心情的に落ち着きます。

もう気分的には5000円のロストは忘れています。

餌の人もキンメが上がっていたので

ちょうど群れに当たったみたい

この流しでは、この船中2匹のみでした。

3投目 魚探を見ると「ひと流し40分」ぐらい流しますが、

ほとんど船は動いていません。

潮も効いていないわけです。

こういう日はどうしても

  1. 🐟の反応が悪い
  2. 仕掛けが絡みやすい
  3. 集中力が持たない

負のスパイラルに

落ちいりやすい日です😅

3投目も、数回しゃくったあたりに

フォールで1mぐらい

おとして、ステイすると

リアのフックを食ってきたようなアタリ

しかも、竿の入りが

さっきと比べて明らかに、

私「重い

船長も

お、きたね、さっきより重そう

念のため、慎重にあげてきます。

  • 450m
  • 350m
  • 250m
  • 150m
  • 100m
  • 0m

ほど巻いてきて、

上がってきたので

普通サイズのユメカサゴ

重いと言っていた自分が少し恥ずかしい

※JAMフックの刺さり具合すごいですね。すごい優秀です。

厳しいので贅沢は言えません。

フックがカンヌキと身に

刺さっていたので重かったみたいです。

よく、あります。(-.-)y-., o O

こういうの「手巻き深海」だと

  1. 最初のアタリ
  2. 巻き上げ中の反応
  3. 叩き方

魚種を想像するのですが、

  1. アカムツ
  2. キンメ
  3. アコウダイ
  4. 黒ムツ

同じようで同じでない。

  1. 最初の当たり方
  2. 暴れる水深
  3. 叩きの振幅の違い

定量的には表現できないのですが

この深海からの「魚種あて

手巻き深海の楽しみ方かもしれません。

さあ、4投目です。

ここまで実は餌の反応が

ほとんどないんです。

餌でも厳しいときは

だったら、ジグでアクション」

で釣ったるという意気込みと

実際になぜかジグの方が

釣れることが多いジンクスを信じて

アクション継続です。

  • トントン
  • ッス
  • トントントーン
  • ッス
  • トントントーン
  • ッス
  • ズン

お、きた、しかも今日一番重い!

巻き巻き

巻き巻き

ラインが斜めに

巻き巻き

巻き巻き

あれ、おかしい

重い」けど・・・

重いけど、重いけど、

左の方の竿が軽い・・・

「深海」でもトラブル

おなじみのお祭り」です。

潮が効いてない」と

どうしてもお祭りが起きてしまいますね。

ただ、今回のお祭りは悲劇

5人同時お祭りです。

餌の方が6号のPEに対して、私は1.5号(涙)

笑うしかありません。

一人に方は、キンメが付いていたましたが

無事回収

私も残り50mぐらいまでは回収

仕掛けに見事、しかも

全員が「ひっちゃかめっちゃか」です。

潮さえ、ちゃんと流れていてくれたらいいのですが😅

みなさん、切れるところは

すぱすぱ切っていただいたのと

不幸中の幸い、私のジグは

先に回収してもらえたので

5000円はジグロストせずにすみました。

😊ありがとうございます。

「夏の息抜き:冷凍みかん」

余談ですが、もう夏は終わりますが

夏のクーラーボックスのオススメ品です。

冷凍させたみかんをスプーンで食べる。

暑い中食欲がなくても半分凍った状態のみかん最高です。

これで、気分を撮り直して

「さあ、6投目です。」

着底後、アコウダイを狙いたいので

5mぐらいのレンジを意識して

  1. あげて
  2. おとして
  3. 長めのフォール

を入れるように

底を意識しながらアクションを集中させます。

すると、「きました

いつものフォール+船の上下がちょっと入ってきて

ジグが下がりきった瞬間「ぐっと」6ozの竿がまた

海面に突き刺さります。

ただ、さっきの5人お祭りの例があるので

重いんだけど

巻き巻き

重いんだけど

巻き巻き

重いんだけど

巻き巻き

左の方:「もしかしてまた祭っているかな?、先端が、軽くなったり

私「やっぱそうですかね、なんか確信がないんです。300mぐらい巻いているので、申し訳ないのですが、

とりあえず、ゆっくり巻き始めてもらってもいですか?」

 

「また、祭ってしまったか」と

巻き巻き&相手方に巻き始めてもらうと、

  1. ちょっとづつ、軽くなります。
  2. 巻きスピードが早いと、重くなる
  3. 遅くすると、軽くなる

ああ、これはお祭り確定だな〜

今日は「厳しいと予想していた通りか」と落胆しながら

まきまきしてきました。

ラインが、餌の方の方向に

斜めになります

ああ、ジグだけでも

戻ってきてくれ

巻き巻き

ラインが、左舷船尾方向に流れて、

ラインテンションが無くなります。

わたし:「すみません、やっぱ絡んでますよね?

隣の方:「あれ?いや、いや、絡んでないよ!

私「あれ、最悪、プロペラに絡んで、ジグもロストした?」

っと思って船尾の方向へ巻き巻きしながら

ラインを手繰り寄せていくと

「ボコって、赤い魚が」

750gのジグを口にくわえたまま浮いていました。w

ペラに巻きつかないように

急いで寄せて

初めて、素手で、ハンドランディング!

腕が丸っと入りそうなぐらいの大きな口

船長:「今日はジグの日だね

餌の反応は、いまいちでしたが

こんな日もあるもので😅

深いところの「手巻き深海」はやめられません。

帰宅後:血抜き2.95kg

あとちょっとで3kg 越えでした。

今日もドットグローに助けていただきました。

「なぜ勘違いしたか?」

結果、隣の方の餌にも、ユメカサゴが付いていたみたいで

互いに、お祭りと勘違い

  • ちょうど魚が浮き始めるタイミング
  • 浮いている=絡んで浮いてきている
  • その人の方向へ斜めに浮いてくる
  • 両方に魚が付いていた
  • その前に5人祭りをしている。

ひとの先入観って怖いものですね

最後まで諦めずに、巻き続けてよかったと思った釣行でした

「アコウダイ」自体ご機嫌はあんまりよくないみたいですが、

深海がだいぶ釣りやすい時期になってきました。

手巻きでもよく釣れますのでぜひ”😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です