サワラの酢締め作ってみた。🐟

先日のサワラ 炙り

ちょっと前ですが

サワラが絶好調で海を賑わせていました

私は「アカムツ」便のため

無線の賑わいをただた「羨望の眼差し」で

浅瀬を眺めていました。

その日のアカムツは完全試合😅

「何にも無し」は久々です。

ただサワラをいただく😙

サワラとキャベツのオイルパスタ

船長の知り合いの方が

サワラを大量にあげたので

海上でアカムツの船団に配ってくれました

「ありがたい」😊

しかもメーターサイズの極太サイズ

船から船へ

投げてもらったのですが

落ちた瞬間に

胃袋から大量のイワシが放出🎣

「これは美味しいに違いない」

サワラ腹身のカルパッチョ レモンソース
はっさくの添えて

「釣れなくても魚って食べれる」

これも釣り人の特権ですね。

切り分けた切り身を持って

近くのお店に持ち込みました。

  • パスタ
  • カルパッチョ

ここはいつもお魚扱いが安心できるので

信頼してお任せしてしまいます。

店長「こんなサワラ仕入れたら、いい値段しますよと、しかもサワラってこんな脂乗るんですね!」って言われて

😙「魚の仕入れは任せて下さい」とちょっと大きいこと言っておきました。

アオリイカと玉ねぎのフリッター

それでも「まだ残る切り身」

まだまだあるサワラをどうするか
  • 炙り
  • 刺身
  • 西京焼き

はお馴染みの味

せっかくなので最近勉強中の

「鮨職人」の酢締めに挑戦

昆布を日本酒でやわらかくします

結構魚の量もあるので

昆布を大目に用意

  • 塩でちょっと水抜き
  • 昆布も日本酒で表面を拭いて
  • 米酢に浸して

挟み込んで「ラップ」軽く蓋

昆布で挟んで酢締め
何日めだったか
4日目かな?

通常のサワラでももちろん美味しいのですが

  • 水分が抜けてる
  • 旨味が増す
  • 脂も中和

皮目を炙ることで香ばしさも出る。

西京焼きの冷凍保存が持ちが一番ですが

「サワラ酢締め」

これもちょっと長持ちできて

旨味も増えるのでおススメですおススメです😋

初めてにしては上出来で満足でした

残ってたサワラも全部酢締めで

すぐ消費してしまいました。

※追加 ドンコはやっぱりネギと味噌

ドンコの干物はは塩焼きに
ドンコのネギとの相性は抜群

頭だけで出汁をとっても最高の相性です

今はこれを酢締めで仕込み中です

次回の酢締めは「このキンメです」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です