シンガポールでアキュレート😜

みたことのないカラーのアキュレートが並びます。

GWは一度も釣りにいろいろと行けておりません。

「みなさんの釣果」ご報告を指をくわえて眺めております。

  • カツオ
  • キハダ
  • アコウダイ
  • マハタ
  • アラ
  • アブラボウズ
  • アコウダイ

いいのを釣られていますね。😲

シンガポールの釣りって??

つい先日、仕事半分遊び半分で

シンガポールにちょっと行ってきました。

<釣りは一切なし>

合間を見つけて

JMのショップもあるので向かってみようかと思いましたが

https://pioneertacklestore.business.site

狙っていた日程は全てお休みで訪問できずだったので

もう一個面白そうなお店があったので行ってきました。

店舗名:AOF ANGLER’S OUTFITTER PTE LTD

この右側一面のリールは何かわかりますか?

一回 日曜日に来てしまったため開いてなかった入れなかったので

再度来てみたら無事オープンしていました。

事前にfbでメッセージしてみたのですが反応がなかったので

まあ開いているかダメ元でもう一度むかってみることに

「やった、開いてた😆」

ほぼ全面アキュレート
これはコアなファンにはたまらない感じですね。

シンガポールのジギング需要ってどうですか?って聞いたら

マーケットはすごい小さいからインドネシアやマレーシア

のお客さんの方が大きいよ 。

店員さんとしても漁場は

シンガポールあんまだね

ただ、釣り人「人口」は多いみたいで

お店は賑わってました。

※まあ英語の翻訳が正しければ😅


とりあえず、一通り触っておこう

「触るだけだぞ」、って自身に言い聞かせ

全機種触らせていただきました。

最近は、オプション「モリモリ」の

2段階ギヤタイプが国内ショップや店舗では

売れ切れになるぐらい「超人気」ですが

通常タイプのラインナップは

  • Valiant BVシリーズ BV2シリーズ
  • Boss BXシリーズ BX2シリーズ
  • Dauntless DX2 シリーズ
  • Fury FXシリーズFX2 シリーズ
  • ATD 100pound 越え 200lbまでカバー
  • SR スピニング
  • TERN TXシリーズ:スタードラグ でツインドラグ

この6機種アキュレートのメイン機種になります。

ここの詳細は割愛しますが、

結構幅広いラインナップを取り揃えていて

  • ツインドラグ
  • ダイレクトシフト 2段階変速ギヤ
  • 2年間フリーサービス

が商品やメーカーアドバンテージかと

認識しています。左用もありますし😙

「変速ギア」を実際に触ってみた

店内はシンガポールの「釣り好き」が

みんなで釣り歓談をしています。

早速店長っぽい方に

「アキュレートいろいろさわれせてください」ってことでお願いして触らせていただきました。

「May I have a BX2 600N ?」って聞いてところ

店員さん:Ok but,It’s heavy !

持ってみると確かに24oz =680gか😑

重いって言われればそうかもしれないけど

個人的には「こんなもんだろ」って感覚です。

深いところで麻痺していますね

「噂の2スピード BX2」

ハンドルレバーの根元の円の右側の機構を
ポチッとあげると

中のギア変速されさっきまで出っ歯てた
箇所が引っ込みます。これで可変終了です。

初めて機構とアクションイメージが湧いたのでこれが体験

出来ただけでも価値あったかな😆

ただ、何如せん、根に入り込むような巨大な根魚やカンパチを

経験したことのない身分にとっては

まだまだ「良さ」を実感し切れていないというのが

実際のところかと思います😲

ただ、アキュレート自体は小型汎用〜大型 深海 トローリングまで

使い方はさまざまで幅広いラインナップが

多いなって印象🙄大物用の印象だけでは

もったいないメーカーだと思います。

「ニッチな深海信者」としての選択は?

VALIANT 500N
475yds /50lbs
VALIANT 600N
425yd/65lbs

VALIANT 600NN
300 yds/65lbs
ここから見るとわからないけど
VALIANT 600N 600NN
丸型ノブがアキュレートは標準です。

他の仕様は基本的に同じで
エクストラナローっていうぐらい
すごい「狭い」


外観は数回みたことはありましたが

表面の切削面も非常味があって

USA感が文字から溢れ出てきます。

文字の深さもエクストラナローの方が
浅めに彫ってあります。
※個体差だったらすみません。

まず単位に困惑

単位が長さがヤードでラインがすべてポンドなので

「あれ、何mまけるんだろう」ってことで

困ってしまいました。

店員さんに仕様を聞いたら

店員さんもmだとよくわからないとのこと


はい、出ました。。。

仕様書もこのような感じです。

店員さんにお店のWIFIを教えていただいて

早速変換表やアプリや既存の目安表を参照&自身で計算してみた結果

今のところほしそうなのは

  • VALIANT BV-600N 6:1 425yds /65lbs
  • VALIANT BV-600NN 6:1 300yds/ 65lbs

「選定ポイント」

  • 巻き取り量
  • 軽さ 
  • ラインキャパ

あと、「持ってないから

何事も視野を広げて

新しい物を受け入れていかないと😲

そもそもカラーが違う?

シンガポール限定?ブラックシルバーカラー

アメリカ本国のVALIANTカラーってシルバーに赤のベースカラーなのですが

ここシンガポールで販売されているカラーは

この赤いカラーが本国スタンダードカラーのVALIANT

お店の要望でカラーを選択できるよ仕様にUSA側が作っているみたいですね。

日本で販売されているのはオールシルバーからが多かったような🙄

でも「お高いんでしょ?」

結局 600Nも600NNも両方購入
  • 見に行った
  • 触りに行った
  • だけ

だったのですが、

「いくらですか?」って聞いたら

店員:790ドルです。

「あ、日本と、あんまり変わんないかな?いや、高い?」

店員:シンガポールドルね

「あれ、え?安い」日本で買うより、ちょっと安いぐらいか〜と思っていたら

さらにそこからのお値引きが入って

米国のアマゾンで買うよりも安い金額になりました。

だったらってことで、結局2台購入

買っても1台ぐらいかなって考えてましたが、

  • VALIANT BV-600N 6:1 425yds /65lbs
  • VALIANT BV-600NN 6:1 300yds/ 65lbs

結局シングルスピードで2台 購入

ネックはハンドルの形状と長さ

こればっかりは既製品なので標準仕様なので

あとは、自身で用意すればだいぶ安い買い物かな

機会があればぜひ一度

ご紹介してくれたのは!

ベンジーさん 英語か中国語どちらかなら通じます。

実釣の記事はまた感触やいつもとの違いなどは?

また1年後ぐらいに使いこなしてから書こうと思いいます。

それでは!☺️

2件のコメント 追加

  1. Yoshi より:

    AOFに行かれたのですね!

    小ネタを1つ。
    ・オーナーのA氏は、シンガポールルアーフィッシング界では有名人
    ・Accurateリールについては、古くから取り扱っている。
    ・A氏はAccurate社の幹部とも親交あり。
    ・シンガポール近海は非常に浅いところがあ多く、かつ潮が激流。青物は少ない。
    ・なので昔はジギングをする人が少なかった
    ・だが、近年スローピッチで根魚を狙って釣れると分かると一気にブームに。
    ・Accurate社がVariantを開発することになったのは、確かAOFのアドバイスによるものが大きかったはず。

    1. redfishbluefishjapan より:

      Yoshiさんこんにちは
      詳細情報ありがとうございます
      そうでないとあの量の
      販売はされないですよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です